乳酸菌が口臭に効く


乳酸菌と口臭…一見無関係に思えるものですが、これらは深い関わりがあります。
口臭は自覚がないままに周囲の方に不快な思いをさせている場合が多くあります。
しかし、なかなか指摘しづらい問題であるために自覚したときには症状が進行していることもしばしば…。

口臭の原因は、歯周病や虫歯といった口内が原因の9割を占めます。
口の中には様々な菌がいて、それらは良い働きをするものもあれば悪い働きをするものもあります。

口内環境が乱れることによって、悪い働きをする悪玉菌が優位に立ち、本来なら多数を占めていなければならない善玉菌が追いやられることで様々なトラブルが発生します。
その口内環境を本来のバランスのとれた状態に戻すのに、乳酸菌が必要なのです。

口臭の元となる歯周病と直接戦う働きをする乳酸菌というものがあります。
歯周病に対して強い殺菌力を持ち、もともとから口の中に存在しているものです。
しかし、口内環境の悪化により減少している場合は、乳酸菌を含む食品を摂取することで補うことが出来ます。

また、免疫力の強化をする善玉菌も口内におり、それは虫歯予防という働きをしてくれるのですが、やはり存在数は口内環境に左右されてしまいます。
口内の環境が悪いという事は口だけにおさまらず腸にも同じように影響が出ており、腸内バランスが乱れて免疫力が下がる、免疫力が下がるから歯周病が進行して口臭が悪化するという負のループに陥ってしまうのです。

いかにして口内環境を整えるかが口臭の予防として非常に大切なのですが、ストレスや飲酒、喫煙、暴食でも口内や腸内の善玉菌は減少してしまいます。
それを補うには乳酸菌の摂取が必須となるのです。
乳酸菌を含む代表的な食品としてヨーグルトがありますが、口臭予防として効果を出すには一日に300グラム以上食べなくてはなりません。

乳酸菌の種類によっては、口内では効果があっても腸に届く頃には死滅していることも多く、それでは免疫力のアップは狙えません。
口内だけの環境改善では、ちょっとした事でまた悪玉菌が増えてしまいます。

根本的に免疫力を強化し、口内と腸内の環境を改善するのであれば、乳酸菌を生きたまま腸まで届けることが出来る乳酸菌のサプリメントがオススメです。
手軽に乳酸菌をとる事が出来ますし、ヨーグルトのように胃液や体温で乳酸菌が死滅する心配もありません。

いくら身だしなみを整えていても、口臭ひとつでイメージは随分と悪いものとなってしまいます。
乳酸菌のサプリメントで口内と腸内のバランスを整えて、口臭の不安のなく爽やかな息で過ごしましょう。