乳酸菌がアレルギーに効くって本当?

花粉症、喘息、鼻炎、アトピー性皮膚炎、喘息、食物アレルギー…現代では全くアレルギーを持たない人のほうが少ないのではないかといわれるほど、皆さん何かしらのアレルギーに苦しんでいます。
そのアレルギー全てに共通しているのが腸内環境なのです。

アレルギー反応とは、アレルギーの素となる物質(アレルゲン)が体内に入ることで起こります。
特定の食品にアレルギー反応を示すことが分かっていても、体質によっては目に見えないほどの極少量でも症状が出てしまうので完全に避けることはほぼ不可能です。
花粉などであれば、いくらマスクをしようとも髪の毛や顔にも花粉はついてしまいますし、保護することが難しい目にも花粉は容赦ありません。

身体の内側に入ってくることを完全には防げない以上、どうすれば身を守れるのかというと、腸内環境の改善がキーとなってきます。
腸内細菌が正常に機能して善玉菌が優位の場合、体内に入ってしまったアレルゲンが血流に入ることを防止し、アレルギー反応を最小限に留めることが研究の結果として分かったのです。

腸には免疫細胞の60パーセント以上が集中しており、しかしそれは腸内環境が良好で初めてきちんと機能するものです。
そのためには、腸内の善玉菌を活性化させる乳酸菌の摂取がとても大切なのです。

ストレスや不規則な生活、乱れた食生活で腸内の善玉菌はどんどん失われ、それに取って代わって悪玉菌はどんどん増殖してしまいます。
悪玉菌は腸内に毒素を取り込んでしまう働きをするため、もちろんアレルゲンもより多く体内入り込みアレルギー反応を引き起こします。
それに歯止めをかけるためには、乳酸菌の力が必須なのです。

乳酸菌によって腸内環境を改善し、まずアレルゲンへの反応を最小限に留めます。
腸内環境が良好になれば、免疫力もアップするので
更にアレルギー反応は抑えられるというわけです。

しかし、腸内環境の改善と一言でいっても、乳酸菌が多く含まれているヨーグルトをなんとなく毎日食べるだけではダメなのです。
効果的に乳酸菌を摂取するには、乳酸菌が生きたまま腸に届かなくてはならず、ヨーグルトでは不十分である場合も多いのです。

確実に乳酸菌を腸に届けてアレルギー対策を狙うなら、乳酸菌のサプリメントがオススメです。
食品に含まれる乳酸菌の多くは胃液や体温で死滅するのに対して、乳酸菌のサプリメントは腸まで生きたまま届くように加工されています。
乳酸菌のサプリメントで腸内環境を見直して、アレルギー反応を最小限に、そして免疫を高めて更に反応しにくい体質に根本から変えていきましょう。